自転車走行の問題点

近年増加しており、社会問題ともなっているのが自転車による交通事故です。 従来は自動車と自転車の事故がほとんどでしたが、最近は自転車と歩行者、または自転車同士の事故が大変増えています。自転車は手軽で便利な乗り物として日常的に活用されているものですが、国が定める道路交通法では、「軽車両」に分類され、歩行者専用道路は使わず、車両と同じ道路を使用すること、車両、歩行者の区別が白線などによって区切られている一般道路などは、必ず車と同じく左側通行をすることなどの規則が設けられています。しかしこれは、車のように明確な罰則もなく、人々の意識も曖昧な状態なので、ほとんど守られていないルールとなっているのが現状です。 また都心などでは、道が狭いうえに坂なども多いため、歩行者をすり抜けるように走行したり、スピードを出したりしたために起こる事故も後を絶たず、相手が死亡したり、重傷を負った場合などは、軽車両として莫大な賠償金を請求されることも多くなっています。 人の多い歩行者道路を使う場合は自転車を降りて歩く、スピードは出さない、常にブレーキなどの点検を怠らないといったことが、事故防止のための重要項目です。

自転車が交通事故の加害者になるケース

自転車は、その利用に年齢制限や免許制度がないため、子供からお年寄りまで誰もが使用することができるとても便利な乗り物です。 しかしそれは、自転車による事故のリスクが誰にでもあるということでもあります。 自転車が交通事故の加害者になったという例は過去に何件もあります。例えば、小学生が自転車で坂道を猛スピードで下りていた際に、道を歩いていた老人にぶつかり、その老人が亡くなってしまうという事故がありました。 また、二人乗りをしていた高校生が、二人分の重みで思うように運転ができず、歩行者にぶつかってしまうということもありました。 このように、特に子供や自動車の免許を持たない人が自転車に乗るときは、自分が軽車両の「運転手」であり、簡単に人の命を奪うことができる乗り物に乗っているという自覚が薄いため、安全性よりも本人の楽しさを優先した乗り方になってしまうことが多々あります。 自転車で加害者にならないために、危険なものを扱っているということを自覚し、咄嗟の時にすぐに停止や回避ができるようなスピードで走ることが大切です。そして、定期的に自転車の点検を行い、運転中のアクシデントを防ぐことが重要です。

もしも事故にあった時は



Copyright(c) 2011 STOP!自転車事故. All Rights Reserved.